カードローン審査に通りやすい人の特徴

銀行でも消費者金融でも、カードローンを申し込めば審査が行われます。審査に通りやすい人の特徴として挙げられているのが、職業が大手企業の社員である、公務員である、年収が400万円を超える、勤続年数が長い、カードローンの利用が初めてである、他社に借入がないなどです。

カードローン審査に通りにくい人の特徴

では、審査に通りにくい人の特徴とはどのようなものでしょうか。勤続年数が1年未満、年収が100万円未満、他社からの借入が3件以上、借入額合計が年収の3分の1を占める、信用情報機関に過去に延滞したという情報がある場合は通りにくいと言えます。

特に信用情報に延滞情報がある、他社からの借入が3件以上ある人は貸しても返済してもらえないと判断され、審査に通らない可能性が高いでしょう。

カードローン審査に通りやすくするには

審査に通りやすくするために、収入証明書を添付すると良いでしょう。一番最近の収入証明書を出せば、これだけの収入を得ているので返済は可能ですとアピールできるからです。

しかし、過去に延滞したとか、金融事故が信用情報機関に登録されている場合は審査に通ることは難しいでしょう。こういった情報は延滞だと5年程度、自己破産や民事再生なら10年前後残りますので、この情報が消えるまで待つしかありません。携帯電話の本体を分割払いで契約している人は多いですが、この支払いを遅延するのも事故情報に掲載されますので、遅れがないように支払うことが大切です。

サイトMENU

当サイトの情報を無断でコピー等をおこなわないようにお願いします