カードローン借り換えのメリットとデメリット

カードローンでお金を借りて、しばらくは返済を続けていたけれども返済がきつくなってきた場合、少しでも利息が安いところにカードローンを乗り換えてみようかなと考えることがあるでしょう。

借り換えした場合のメリットとデメリットを知り、自分に合った借り換え先を見つけるようにすれば返済がスムーズにできます。

まず借り換えのメリットですが、利息が安くできる、月々の返済額が減る、返済総額が少なくなることが挙げられます。一方デメリットですが、もう一度審査を受けなければならない、新規の申し込みより審査通過率が低い、またカードローンを選ばなければならず、手間がかかる、選択を誤ると返済総額が増える場合があるなどです。

借り換えした方が良い人、しない方が良い人

誰もが利息が安いところから借りたいものです。しかし、借り換えすべき人とそうでない人がいます。現在カードローンを返済中の人すべてが借り換えをした方が良いというわけではありません。

借り換えした方が良い人というのは、毎月の返済金額(決められた金額)が高くて負担が大きい、ある消費者金融でカードローンを契約しているが、利息が高いと常に思っている人です。

一方、現在返済中であるが、5年以内に延滞をしたことがあるなどの金融事故があった人は、借り換えをしない方が良いでしょう。借り換えの場合は再度審査を行いますので、延滞などがあると間違いなく審査不可となるからです。自分はどうなのかをよく検討して決めましょう。

サイトMENU

当サイトの情報を無断でコピー等をおこなわないようにお願いします