カードローンの審査は高収入ほど通りやすいと考える人は多いでしょう。しかし、一概に高い収入を得ているから審査に通りやすいというわけではありません。

まず、安定した収入を継続的に得ていることが必要なので、一時的に収入がアップしてもその時限りでは認められにくいからです。また、安定した収入の職業といえば公務員がありますが、公務員でも審査に通らないことがあります。

収入があってもカードローンの審査に落ちる理由

公務員だと確かに他の職業よりカードローンを利用しやすいでしょう。安定した身分で収入もある程度保証されているので、金融業者も返済能力があると判断しやすいからです。

ただし、公務員であっても、過去に延滞や滞納など返済に問題があった人は審査に落ちることがあります。俗にブラックリストと言いますが、こうした金融事故を起こした人の情報は信用機関に一定期間登録されるため、その間はたとえ公務員のような身分であっても借りにくくなってしまうのです。

収入が少なくてもカードローンの審査に通ることもある

逆に収入の少ない人でも、カードローンの審査に落ちるとは限りません。カードローンを利用したことがなくても、クレジットカードの支払いをきちんとしてきた人であれば、返済能力があると認めてもらえることがあります。

ただ、クレジットカードを作ったこともない人がカードローンを申し込むと、返済能力を判断する材料が収入しかありませんから、収入で不利になることは考えられるでしょう。

若い人はそれほど気にする必要はありませんが、年齢を重ねてまったく金融取引の経験がない場合は、これまでクレジットカードやカードローンを利用できなかった事情があるのではないかと勘繰られることもあり得ます。ただ、無理のない範囲で申し込めば、年収が多少低くても審査に通る可能性は高いでしょう。

お金を借りられる金額は年収の大小によって変わる

カードローンの審査で収入の多寡が影響するのは確かですが、以上見てきたように必ずしも収入の額が決定打とは限りません。ただ、年収によってカードローンで借りることのできる金額が変わるのは事実です。

総量規制という年収の3分の1以上の金額を貸してはいけないという法律が、貸金業者にはあります。そのため、年収が200万円しかない人が、たとえば100万円借りたいと思ってもそれは無理だということです。

また、年収の3分の1以内であっても、最初から限度額いっぱいまで申し込んでも断られることが多いでしょう。最初は少額での利用で、返済実績を徐々に積み重ねてからより大きな金額を借りる方が賢明です。

サイトMENU

当サイトの情報を無断でコピー等をおこなわないようにお願いします